7/21/2024

ハイグロフィラ・アングスチフォリア・‘クーマリークリーク’


 water plants loverブログ

ハイグロフィラ・アングスチフォリア・‘クーマリークリーク’
Hygrophila angustifolia 'Coomalie Creek'
シンガポール便

シンガポールのファームから入荷したオーストラリア産のハイグロの一種
指のサイズから大きさわかるかしら、、
ほんとはトリミングして横から撮影したほうがわかりやすいんだけど、日曜日の閉店後にそんな元気ありませんえん、、

葉は長いもので12cmくらい、幅は1.2cmくらい
葉柄は目立たず、水面近くで赤みが濃くなっています

しばらく気にしてなかったら、かっこよくなってた~

レッドツーテンプルの ringensとも違うし
うちでツーテンプルの中から出たツーテンのレッドフォームのcorymbosaとも違うし
これはほんと独特、、
コリムボーサよりもリンゲンスなんだけど、あれじゃあないんですよね~

でもなんだかんだ言って結局細くて赤くなるやつでしょ、、ってあなた、、
それを言ったら~
ねえ~

ロケ付きとはいえ、ファームもののためレア好きの方にはいまいち人気無しだし
A型レイアウト向きではないし
ということで、ほんとの水草好きの方向き、、だから売れてない?、、(ニッコリ)

この葉っぱ、硬すぎず軟らかすぎずで、似たものが思いつかないんだなあ、、
わたしの知見が極狭ってだけだけどさ

じつにおもしろい
こんななりだけど、成長バカ速いわけではないから使いやすいし
単純に美しいし

冗談ばかり書きましたが、ほんとにオススメですよ

クリプトコリネ・シヴァダサニィ

 


water plants loverブログ

クリプトコリネ・シヴァダサニィ
Cryptocoryne sivadasanii
スリーパドマ社

沈めたら、すんなり伸びて来ました
これは丈夫でいいですね
めちゃくちゃなpH値になっていても溶けやしなかった、、

今のところ30cmないくらい
はやく60cmくらいにならないかなあ

個人的にインド水槽作るなら、これは外せないな
何植えるにしても、ベースに本種の存在は利くはず
一見なくてもよさそうだけど、あるとぜんぜん違うというやつ

個人的な好みではありますけどね
グラスを入れたくなるという、、
外の水辺植物でもそう、、カヤツリグサ科でもアイリスでも、ガマでもミクリでもなんでもいいんだけど、グラスの存在って重要だと、、それは水槽でも一緒

インドネシア便のラゲナンドラ・‘ケラレンシス’


 water plants loverブログ

ラゲナンドラ・‘ケラレンシス’
Lagenandra 'Keralensis' 
インドネシア便

沈水葉出て来ましたよ
やっぱりケラレンシスではないよう、、
ミーボルディかな

おもしろい感じの沈水葉でオススメですよ

ヒメシロアサザ・西表産


water plants loverブログ

水辺植物入荷しました

ヒメシロアサザ・西表産
Nymphoides coreana

アクアルートなどで出回っているものとは別系統のもの
だから何だってこともないのですが、、

以前うちで扱っていたのは、一般的なものでしたが
現状あるのは、これ
大切に維持するようにします

冬の寒さには注意してください


オオミクリ


water plants loverブログ

水辺植物入荷しました

誰が喜ぶんだか、、
オオミクリなども入荷しております
Sparganium eurycarpum subsp. coreanum

少なくとも私は喜びますけどね、、
そりゃそうか
自分で好きでセレクトしてるんだから

写真はオオミクリの特徴的な塊茎状の地下部
いいでしょ

春の植え替えの時に掘り出した昨年の地下部です